草野仁の嫁の画像は?息子の再婚相手は?目の病気で赤い?

今回は草野仁さんを取り上げたいと思います。

草野仁

160613-0002

生年月日 1944年2月24日(72歳)
血液型 A型
最終学歴 東京大学文学部社会学科
職歴 元NHKアナウンサー→TBS局契約→フリー
活動期間 1967年 –

「クイズふしぎ発見!」の司会でおなじみの草野さん。70歳を過ぎても日々の筋トレを欠かないことから「筋肉バカ」とまで言われています。

どれほどの筋肉なのか画像を見てみましょう〜。

160613-0003

ボディビルダー並の筋肉です。落ち着いたしゃべり口調で司会しているスーツ姿の下にこんな立派な筋肉があったとはw

この強靭な肉体を作った筋トレメニューがこちら。

草野仁(くさの ひとし)の筋トレメニューを紹介です。暇な時間を見つけて日課としてやっている様です。
●腹筋 500回
●エアロバイク 50分
●ダンベル運動 30分(5~7キロ)

芸能界で忙しいのにストイックなメニューですね。頭脳も明晰で東大卒しかも首席!どの分野においても突き詰めるタイプだったのかも。何事にも順応できる器用なタイプですね。

実は子供の頃からスポーツ万能だったみたいです。

高校の陸上部では、我流のめちゃ走りで100メートル11秒2を記録した。
相撲の国体・長崎県予選に出場することになり、77・5キロしかなかったが、がっぷり組んでも力負けしない予感がして、ばっばっばっと栃錦の相撲のように…体重130キロの前年度優勝者を投げて優勝するという“力士伝説”も残している。

80歳になってもムキムキの草野さんを見ていたいですね!今後の筋トレ動向にも注目しましょうw

スポンサーリンク

馬主で大金持ち?

学生の頃から競馬が好きで良く競馬場によく行っていた草野さん。アナウンサーとしてレースの実況も担当しています。

160613-0004

NHK入局当時からの競馬ファンでもあった草野は競馬中継も担当しており、グリーングラスがテンポイント、トウショウボーイを降して勝った1976年の菊花賞やシンボリルドルフが三冠達成した1984年の菊花賞などの実況も担当していた(初実況は1975年の菊花賞)。日本ダービーも1982年に実況した。

馬にベッドするだけでは物足りず馬主になってしまいました。馬主といえば北島三郎さんが有名ですが草野さんも沢山の馬を所有しています。160613-0005

本当は個人馬主として、時間があれば、馬を一頭一頭見て回りたいのですが、自分の時間がなかなか取れないこともあって。しばらくは。クラブ会員と個人馬主とで両方切り分けながら、馬を持っていこうと思ってます。

馬主といえばお金持ち!草野さんの年収は最高が1億円で現在は4000万円ぐらいなので馬主になる資格は当然ありますね。競馬の予想も東大卒の頭脳を活かしてよく的中させているとか。あまりお金を話している場面を見たことないですが貯金はかなりありそうですw

草野さんがギャンブルをしていても蛭子さんと違ってなぜかダークな匂いは一切しないですね。草野さんが名前がついた馬がG1を獲得する日もそう遠くは無さそうです!

嫁はどんな人?馴れ初めは?

あまり奥さんの話題を聞いたことが無い草野さん。どんな人と結婚されたんでしょうか。

草野さんのお嫁さんは一般の方で草野さんがNHKに入社した年に結婚したそうです。

24歳で結婚ということですが今なら早いと思われますが草野さんの時代だと適齢期だったようです。

その頃の写真がこちら。

160614-0001

海外ドラマに出てくる俳優さんみたいですねw 髪型や体型は今とあまり変化なさそうです。肩幅が広いのでこの頃から筋トレマニアだったと思います。

髪型が変わらないことから「カツラ疑惑」もありましたがどうやらガセネタのようです。

160614-0005

いまだにネット情報で「カツラ説」が根強く残っているのは、70歳にしてはふさふさなのが不自然に見えるからでしょう。光栄といえば光栄なことです。

もっとも、ふさふさして見えるのは、少なくなった髪をヘアメイクさんが上手にまとめてくださっているからです。ただ、そのパターンがいつも同じなのと、軽く染めてもらっていることでカツラだと思われるのかもしれません。

話を戻しまして気になる結婚相手は?

名前は恵美子さんというそうで、大学の時から交際していたということです。年齢は草野さんよりも2歳年上。

馴れ初めは友人の紹介で恵美子さんの逆告白から交際が始まりました。一目惚れするぐらいなので東大ではイケメンだったのかもしれませんね。それか筋肉フェッチのどちらかでしょうw

なんとプロポーズしたのはお嫁さんの方からだったというのですから、びっくりです!

160614-0002

奥さんはかなりの肉食系だったみたいですね。恋愛に対して女性が積極的じゃない時代だったので草野さんもビックリしたのではないでしょうか。

プロポーズも恵美子さんの方からだったそうです。何でも、「結婚してくれないと自殺する!」と言うほどの猛烈なアプローチだったのだとか。本当に、ものすごく情熱的な方なのでしょうね。

半ば強引に結婚したので鬼嫁かと思っていたら草野さんの亭主関白ぶりが半端なかったようです。

草野仁さん、実はかなりの亭主関白だったらしく、子供ができて以来、初めて行った家族サービスが、なんと車で5分のところにある公園だったのだとか。当然のように、家族からは大ブーイング。

草野仁さん、反省したのか、場所を変えるのですが、行った先はなんと競馬場。

ちょっと天然の要素があるようです。本人は真剣に考えて行動しているので怒られている理由が意味不明だったとか。こんな側面もあります。

母の日には恵美子さんに100本のカーネーションを贈ったり、車や階段から恵美子さんが降りる時に手を差し伸べたりなど、とても優しい夫で、夫婦仲はとても良いようですよ^^

このギャップに奥さんは惚れてしまったのかもしれないですね。計算でやっていないところが好感がもてます!

子供は何人?名前は?既婚?

お二人のお子さんが1人います。

名前は『草野裕さん』アメリカのボストン大学大学院でマスコミ額の修士号を取得しているそうで、頭脳明晰な部分が草野さんを思わせます。現在は、草野さんのマネージャーとして働いているのだそうです。

一般人のため顔写真などはありませんでしたがガッチリとした体型で草野さんソックリのようです。2人で歩いている姿がプロレスラーと思われるかもw

息子さんですがバツイチでした。お相手は有名スポーツ選手。

160614-0003

女子バレーボール・バルセロナ五輪銅メダリストでスポーツキャスターのヨーコ・ゼッターランドさんと、フリーキャスター・草野仁の長男でマネージャーを務める裕さんが8月25日に離婚していたことが6日、明らかになった。

同日発売の『週刊文春』が報じており、裕さんが勤める草野仁事務所も「報道のとおりです」と、その事実を認めた。

離婚の理由は将来に対する考え方の違いだそうです。仕事をしたいヨーコさんと家庭に入って欲しい裕さんの意見の溝が産められなかったとか。

結婚する前に話しておかないとダメなポイントですよね。草野さんの亭主関白ぶりが悪い影響を与えた可能性もありそうですね。

裕さんは再婚されているようですが奥さんやお子さんについての情報はありませんでした。

目が悪い?左目が赤い?

草野さんの目に違和感があるとネットで話題となっています。実は昔に目に病気が見つかっていました。

160614-0004

初めて目の異常を感じたのが、NHKの大阪放送局時代、32歳のときのことです。目が異様に乾くのが気になりました。

さらに、眼球の動きにともなって視野を黒い虫のようなものが動く、いわゆる飛蚊症(ひぶんしょう)のような症状に気づきました。

70歳を過ぎた今も、老眼鏡は使わない。眼科医に行くと、「眼圧が高い」という診断を受けました。

アナウンサーにとっては致命傷になりかねない事態にも。

正常の状態ならば、眼球の内部を満たしている房水という液体の生産量と流出量のバランスがとれているため、
眼球内の圧力は一定です。

ところが、何かの原因で生産量のほうが多くなると、圧力が高くなってしまうのです。眼圧が高いまま放置しておくと緑内障の原因となり、失明の恐れがあるそうです。

東京の大学病院の先生をご紹介いただき、眼圧を下げる手術をしてもらい、その後も点眼薬を使いながら70代まで無事に過ごしてきました。

白内障の手術を受けたことで、驚くほど世の中が明るくはっきり見えるようになりました。

仕事どころか日常生活にも支障が出る恐れがあったんですね。すぐに検診に行って早期発見できてよかったと思います。東大病院は知り合いの同級生がたまたま居たので通ったそうです。そのあたりは適当なんですねw 

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連記事/スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.