西村和彦の嫁の画像は?再婚相手の國重友美と別居?実家はうどん屋?

さて今回は俳優の西村和彦さんを取り上げたいと思います。

西村和彦

160312-0011

本名 西村 和彦
生年月日 1966年8月21日(49歳)
出生地 日本の旗 日本・京都府京都市伏見区
身長 175 cm
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル テレビ・映画・舞台
活動期間 1987年-

高校時代は球技から乗馬までこなすスポーツマンだったようです。そんなスポーツ三昧の高校生活でしたが俳優になると決意して日本大学藝術学部映画学科に進学しました。

しかし思っていたの学生生活では無かったようで中退して俳優養成所に入ります。すっぱり大学まで辞めてしまうとは切り替えが早いですねw

1988年に戦隊モノの俳優デビューしました。その時の戦隊モノといえば5色のカラーですが西村さんはイエローでした。

160312-0012

戦隊モノ、時代劇、刑事モノまで幅広く活躍するようになりました。また演技も二枚目から三枚目までこなせる演技力が評価されている俳優の1人ですね。最近ではバラエティー番組まで出るようになり活躍の場を広げています。

実家はお金持ち?

西村和彦の実家は、あの伏見稲荷大社の境内、稲荷山山腹にある四ツ辻茶屋『仁志むら亭』です。

この『仁志むら亭』 は1864年に創業されたかなりの老舗の茶屋なのだとか。歴史が古いですね。

160312-0021

住んでいるだけでご利益がありそうです。食べログの評判も上々なのでお店も流行っているのではないでしょうか。

なお、現在も西村氏の両親と兄が経営されているそうです。

彼曰く、山の上の辺鄙な場所にあるため子供の頃は友達があまり来てくれなくて寂しかったのだとか。

確かにあの坂を上ることは、 やんちゃな子供でも気楽にはできないと思います。これは、友達が来たがらない家だったと言われても、納得できてしまいます。

西村さんのプライベートを詳しく調査してみると実はバツイチであることが発覚。再婚相手は?子供は?などなど気になる事に迫っていきましょう!

スポンサーリンク

前妻はどんな人?離婚原因は?

バツイチだった西村和彦さん。前妻は女優でジャズ歌手の立原麻衣(たちはら まい)さん。

1996年に結婚して10年後の2005年1月に離婚しています。

160312-0013-245x300

岩山 立子(いわやま りつこ)
1970/2/16生まれ
161cm、47kg

cのほうが4歳年下なんですね。綺麗で大人の女性なので年上女房に見えますね。馴れ初めは共通の知人の紹介だったみたいです。

西村さんと離婚してからジャズを習い始めて40歳でデビューしたという努力家の一面もあります。

今でも女優としてテレビドラマを中心に活動をしていますが西村さんとの共演はないようです。共演がNGなのか偶然機会が無いだけなのかは不明ですが夫婦役をやったら面白いかもw

結婚生活は約10年間でしたがお子さんはいないようです。離婚原因ですがお互い忙しくてスレ違いの生活が続いたこと。すれ違いもありますが離婚の大きな原因はお子供がいなかった事だと言われています。

不妊治療などをしていて授からなかったのであれば流石にひどい話ですが立原さんが子供について前向では無かった可能性が高いですね。

ちなみに立原さんは再婚しておらず現在も独身だそうですよ。

再婚相手はどんな人?

2005年に前妻と離婚してから約一年後の2006年6月に書道家の國重友美さんと再婚します。西村さんより11歳も年下です。

160312-0015

本名:西村友美(にしむらともみ)
1978年12月11日生まれ 山口県出身
神戸松蔭女子学院大学文学部卒

それにしてもめちゃくちゃ美人ですね!美人書道家として各メディアに引っ張りだこなのも納得ですw

今では書道家として活動していますが以前はアイドルグループの一員として活動していました。やっぱりそうですよね。こんなに可愛いのに芸能人にならないのが不思議ですもん。

國重友美さんの芸能界入りは、ホリプロタレントスカウトキャラバンというオーディションでした。
グランプリは逃したものの、ホリプロ大阪に所属し、アイドルグループ「Jolly Jolly」を結成しています。

160312-0016

ちゃんと真中を陣取ってますね!もちろんリーダーにも選ばれています。このグループは1年後に解散してしまいますがこの解散をキッカケに書道家へ転身することを決意します。

芸能界の厳しさを感じてやっぱり自分の強みは習字だと思い勝負しようと考えたんですね。

2003年から書道家として活動しますが最初は全く食べていけなくて夜のバイトも経験したようです。売れるまで辞めないという決意が強いところは西村さんに似ているかも。

ちなみに彼女の習字は独自に編み出した「英漢字」と言われるもので海外でも評判になっているそうです。どんな文字なんでしょうか?見てみましょう。

160312-0017

外人が好きそうな自体ですね!ヤラセ番組として有名になった番組「ほこ×たて」にも出演していました。

そして彼女を一躍有名にしたのがNHK大河ドラマ「花燃ゆ」の題字でした。

160312-0018

みなさんどこかで見たことはあるのではないでしょうか。そう言われれば自体が似ていますね。ちなみにこの題字のギャラが100万と言われています。

気になる年収は調べてみましたが書道家の活動だけで1000万、その他にテレビ出演なども合わせると1500万ぐらいはいくのではないでしょうか。

気になる馴れ初めは?

西村さんと國重さんの出会いは、京都のローカル番組での共演でした。

西村さんの一目惚れでした。「初めて会った時に稲妻に打たれたような衝撃を感じた」と当時を語っています。

離婚した傷心もあってビビビっと来たのかもしれないですね。西村さんにとって女神に見えてのかも。猪突猛進タイプの西村さんさっそく行動を起こします。

國重さんに一目惚れした西村さんは、國重さんの27歳の誕生日に電話で交際を申し込みましたが返事はもらえませんでした。

電話をシカトされたぐらいではくじけませんw 稲妻が走るような衝撃がこれぐらいで諦めていたら嘘になります(笑)

そしてすかさずリベンジ

すぐに國重さんのいる山口県に向かい再度告白。國重さんの「結婚前提ですよね?」という問いかけに対し、西村さんが応える形で交際はスタートしました。

俳優として東京で仕事が連日あるにも関わらず現地まで行くって行動力が半端ないです。これには國重さんも熱意を感じたようですね。

結婚前提の言葉に偽りはなく付き合って2ヶ月後にゴールインします。どうやら西村さんは直感で行動して成功するタイプのようですw 

気になるプロポーズは?

稲妻に打たれるような一目惚れをした人のプロポーズはやっぱり凄かった!

たとえあなたの才能が枯渇しても僕はあなたを愛しています。
僕は根無し草で、仕事も安定した職業ではないけれど大事にします。
結婚してください。

シンプルだけど芸術家の人にはグッと来るフレーズではないでしょうか。どんなことがあっても命をかけて愛しますって感じがよく伝わっています。ぜひこの明言を英習字で書いて欲しいですね!

口先だけではない真面目な性格も西村さんのチャームポイントかもしれませんね。

恐妻家ってホント?

かなりの逆亭主関白のようです! 

・料理、洗濯、ゴミ捨てなどの家事全般を西村さんが行っている

・2012年に妻がアメリカ留学した際は西村さんが仕事、家事、子育てを一人でしていた

・妻は留学期間などは決めずに単身飛び立った

・仕事の前に西村さんがビーフシチューを作って家を出ると「これ見よがしに作ってる。私は食べたことない」と言い捨てる

・長男が生まれる前までは西村さんが風呂上がりの妻の体を拭いていた

・時々妻のトイレに呼ばれ、トイレットペーパーで拭いてあげることもある

相撲界の上下関係よりも厳しいですね。他人からすると家庭内パワ◯ラのように聞こえますが本人同士は特に問題ないので離婚なども全くありえません。身の回りの世話を西村さんも彼女の才能を邪魔しないようにサポートしている感覚のようです。

前妻の時には亭主関白だった西村さんが彼女のこんな一言で豹変しました。

「家族を笑わせたり喜ばせたりできない人が、なんで、他の人を笑わせたり喜ばせたりできるのよ」

またしても稲妻に打たれてしまったようですw こんな弟子と師匠のような関係もお互い信頼しているので成り立つのでしょうね。

子供は何人?名前は?学校は?

2008年1月24日に長男が誕生
2009年2月20日に長女が誕生

スゴイペースで出産しています。年子で産んでしまおうという計画でしょうか。それにしてもお互いの相性が良すぎですねw

名前は顔写真は公表されていませんでした。現在、二人とも小学校生ですが学校についての情報もありませんでした。お子さんのプライバシーには気をつかっていることがわかりますね。

お子さんたちはお父さんのキャラ弁が大好きなようで西村さんは料理学校に行ってまなんでいるとか。

160312-0020

160312-0019

新幹線からの妖怪ウォッチへの進化がすごすぎます。凝り性の西村さんの性格が出ていますね。子供たちを喜ばせるためには努力を惜しまないイクメンぶりが垣間みえますw

こんなお子さんとのエピソードもありました。

西村氏が子供と一緒に入浴中に子供達が西村氏の背中を洗った際に感動のあまり号泣してしまった。

当時2歳だった息子を膝に乗せて公園のブランコを漕いでいる最中にふと 「パパは幸せだよ」と呟いた西村氏に息子が「ぼくも幸せだよ」と返したことに喜び、人目も気にせず泣いてしまったことがあるそうです。

徳光さん並みの涙もろさです。よほど子供が欲しかったことがこのエピソードからもわかりますね。

お子さんたちの成長にも注目していきましょう!

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連記事/スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.