林修の嫁の年齢は?産婦人科病院の医者?教え子?学歴は?顔の画像は?子供生まれた?

予備校講師からタレントになった異色の経歴を持つ林修さん

結婚や子供などプライベートが気になります。

林修さんの私生活に迫ります。

スポンサーリンク

嫁は教え子?

林修さんの奥さんは、教え子だという噂があります。

本当なのでしょうか。

名前、年齢は?画像は?

12歳年下の産婦人科医だそうです。

2018年現在、林修さんは53歳になりますから、奥さんは41歳になると思われます。

名前は林裕子さん

奥さんもテレビに出演されて、名前も公表されています。

こちらが林修さんの奥さんの画像です。

お医者さんとのことですが、かわいい顔立ちの方ですよね。

学歴は?高校大学は?

なお、林裕子さんの出身大学は名古屋市立大学とのことで、医学部の中でも全国的に見ても偏差値の高い難関校として知られています。

奥さんもかなりの高学歴のようですね。

高校については、情報がありませんでした。

ちなみに林修さんの学歴は東海高校から東京大学法学部。

高学歴夫婦ですよね。

勤務先の病院は産婦人科?

林修さんの奥さんはお医者さんですが、勤務先はどこなのでしょうか。

嫁さんの職業については、医師と言うのは間違いなく、総合病院の「産婦人科」勤務だそうです。

三重北医療センターいなべ総合病院が勤務先ではといわれていますが、確かではありません。

現在は、名古屋市立大学大学院医学研究科産婦人科学の「遺伝子グループ」にスタッフとして所属しているようです。

現場の医師ではなく、大学で研究しているという説が有力です。

馴れ初めは?

「どこで知り合ったの?」と問われると「それはちょっと」と言葉を濁し、共演者から「生徒だな!」のツッコミ。

それは違います。夫婦の約束で(なれそめは)公開しないようにしようと」と語った。

林修さんと奥さんとの馴れ初めは、公開されていません。

教え子ではないかという問いには否定しています。

予備校講師と教え子の結婚は十分にありそうですが、職業上公開だけかもしれません。

子供は何人いる?いない?

林修さんにはお子さんがいらっしゃるのでしょうか。

養子はホント?

タレントの林修氏(52)が、8日放送の日本テレビ系特番『グサッとアカデミア』(後7:00)にMCとして出演。

スタジオでは林氏が自身に子どもがいることをテレビ初告白した

子供がいることを公表していなかった林修さん。

テレビ番組で突然子供がいることを公言しました。

ただ、夫婦の年齢から最近子供が生まれたとは考えにくく養子ではないかという話がでています。

林修さんが53歳、奥さんが41歳ですから、疑問視されても仕方ないかもしれません。

子供がいることは確かなようですが、養子であるかどうかを裏付ける正確な情報はありませんでした。

名前、年齢は?画像は?

現在、2歳の子どもがいるという林氏はオムツ替えやお風呂に入れたりと子育てにも積極的。

2018年の番組でお子さんは、2歳であると発言しています。

お子さんの名前や画像は見つかりませんでした。

林修さんは、キラキラネームには否定的な発言を以前からしています。

恐らくお子さんの名前はキラキラネームではないのでしょう。

英語の教育?

番組では昨年9月にも早期英語教育を特集したのですが、その際に林修先生は「幼児に英語教育は不要」と断言

「英語ができない親ほど早期教育を支持する」「幼児期は英語よりも思考力を伸ばすべき」と持論を展開していました。

予備校講師として数多くの生徒を東京大学などの難関大学に送り出してきた林修さん。

英語の早期教育には反対派として有名です。

お子さんには英語の早期教育はされていないでしょうね。

年収はいくら?

人気予備校講師としてでなく、タレントとしても人気の林修さん。

どれぐらい稼いでいるのでしょうか。

具体的には予備校講師だけの収入でも年収3000万くらいの年収という噂がありますが、さらに今ではタレントとしてレギュラーを持っているので1億を超えるぐらいではないかと言われています。

レギュラー番組が増えて、出版物からの印税もあり、5億をこえるのではという話もあります。

奥さんはお医者さんですから、年収1000万以上、勤務年数が長くなれば1500万とも2000万以上とも考えられます。

世帯年収はかなり高いと考えていいでしょうね。

自宅住所は名古屋?東区?

林修さんはどこにすんでいるのでしょうか。

自宅は名古屋駅近くにある高級マンションの最上階で、4LDKに2人暮らし

元々名古屋出身で、名古屋の中でも東区に住んでいます。

ただ、現在はテレビの仕事もあり、家になかなか帰れず年間200日ぐらいホテル暮らしのようです。

せっかく高級マンションがあっても、ほとんど家に帰れないというのもさみしいですね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連記事/スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.